男性の特有の悩みとして包茎が悩みの話題として取り上げられますが、若年層の間だけで相談するケースが多いです。
なのでその情報が正しい情報なのか間違った情報なのか判断が難しい場合があります。
また相談するにも、相談者によっては真剣に取り合ってくれるのか、話題のネタになってしまうのか不安になります。
今回は専門的な情報や包茎手術経験者からの情報をご紹介します。
包茎手術に関しての知識と包茎手術を受ける際の痛みはあるのか。
痛みがあった場合その痛みは、手術後の経過によりどのような影響を私生活に与えるのかをもご紹介します。

包茎手術を受ける必要がある痛みとは

包茎手術に関して悩みを持たれる男性は多いです。
正常なペニスは基本成長するにつれて自然にペニス先端が包皮から剥けはじめ、亀頭が完全に露出します。
しかし包皮の皮が厚かったりその他身体的影響により自然と包皮が剥けない状態で包茎になる男性も多く存在します。
そのまま包茎状態では今後の生活環境や男女関係において、著しい支障をきたすと考えて自分で包皮を向き亀頭を露出させて、包茎を改善しようと試みます。
包皮を剥いた際、普段亀頭が露出状態ではないため神経が敏感になり、少しの衝撃でも痛みを伴う場合がありますが、時間の経過とともに納まります。
しかし注意が必要なのは、包皮の口部がまだ狭い状態で剥く事が困難な状態で強引に包皮を剥くと、亀頭部の首部分を締め付けた状態になりベニスを圧迫してしまう事があります。
このような状態の時は、普段でも包皮による締め付けや排尿時に痛みを伴います。
このまま改善すると判断し放置してしまうと血行不良や排尿障害、最悪ペニスが壊死していまう可能性があります。
もし強引に包皮を剥いてからある程度日数が経過しているにも関わらず、ペニスが締め付けられるような慢性的な痛みや排尿時に痛みを伴うときはすぐ病院へ行き包茎手術を受ける事をおすすめします。

包茎手術中は痛みはあるのでしょうか

包茎手術を受けるにあたり傷み方は受ける男性の手術状況によって様々です。
基本的に包茎手術は包皮を傷づけて切開し縫合するものですが、麻酔を使用しますので痛みは軽減されます。
ただ、麻酔使用時に痛みはもちろんあり、局部麻酔を使用した際に麻酔が効きにくい男性は痛みはそれなりに伴います。
また特殊なケースで包皮を縫合する箇所が多く、手術に時間がかかる場合などは麻酔が切れ始めてきて痛みが増すこともあります。
極力痛みを感じたくない男性は、あらかじめ手術の方法を聞いた時に担当医へ手術がどのくらいかかるのか時間を聞いておく、痛みがあった際はすぐ麻酔を追加してもらいたい意思をはっきりと表明して起き事前に打ち合わせしておくことをお勧めます。
実際の包茎手術中痛みを感じた場合は、担当医へすぐ申告しましょう。
ペニスの包茎手術は腕や足の手術と違い非常に敏感な場所です。
神経が敏感に反応するので痛みを我慢して体を退けたりすると、担当医と患者との間で余計なストレスを感じたり、支障がでてスムーズ手術にならず非常に危険です。
包茎手術はデリケートな部分になるので、痛みの軽減策としては、極力感じないような取り組みを担当医と相談しておくことです。

包茎手術を受けた後は痛みは続くのでしょうか

包茎手術後は、包皮を切開縫合しているため出血を伴います。
ペニスが包帯で覆われており、麻酔が切れれば痛みも伴います。
排尿に関しては亀頭部を露出させているので問題はありません。
包茎手術後はケアが非常に大切になります。
通常密閉空間に納まっていますので、痛みの他、蒸れやかゆみが出てきます。
また、当面は入浴はできません。
排尿時包帯に尿が付着する可能性も高く、包帯をコマメに替える事を怠り、衛生状況が悪くなると手術部に雑菌が入り痛みが増します。
異臭や膿の発生にもつながり痛みが病気の発症に要因にもなりかねません。
通気性もよくない環境ですから包茎手術後は、健康的な衛生状態の維持として、包帯をコマメに交換する事や下着を頻繁に交換する事、医師から処方された投薬治療の服用方法をしっかり守るはとても重要です。
健康的な衛生状態の維持によって痛みは徐々になくなっていきますが、デリケートな部分でもあるため、雑菌が侵入するような行為や包皮部分に負担をかける行為は当分控える必要になります。
手術後痛みがなくなるまででなく、包皮や亀頭の皮膚の状態等が良好な状態になるまではあんせいにすることをおすすめします。

まとめ

いかかだったでしょうか。
普段あまり会話にしない内容ではありますが、間違った知識や情報によって今後の生活環境や男女関係にも影響する程しっかりとした正しい知識や情報を得ていることが重要です。
もし誤った知識で包皮を剥いてしまい痛みがでて納まらない場合は、恥ずかしい気持ちや、相談しにくいと思って黙って様子を見るような行動を取ることはやめてすぐに泌尿器科を受診しましょう。
判断が遅くなると、さらに深刻な状態に発展します。
包茎手術の痛みも恥ずかしがらず、担当医としっかりと相談、打ち合わせを行う事で、不安に感じるほどの痛みを受けることはありません。