治療後は安静に過ごすことが大切

男性器の悩みは人それぞれ違いがありますが、包茎を治したいと希望する人は少なくありません。こうした症状は本人の努力だけでは解消するのが難しいこともあり、包茎手術で対応することが多くなっています。包茎手術は様々な治療方法があり、それぞれの症状に最適な治療を選ぶことになります。

真性包茎の場合は保険適用の包茎手術を受けることができますので、治療費用が少なく抑えられます。とはいえ、保険適用の包茎手術はあくまで症状の改善を目指すものです。より自然な見た目や傷跡が目立たない治療を選びたい場合は自由診療の治療を選ぶこともできますので、自分に合う治療方法を選んでいきましょう。

包茎手術は日帰りでできることがほとんどですが、治療直後は安静に過ごすことが大切です。医師のアドバイスを守り、アフターケアも正しく行いましょう。治療中は麻酔が効いていますので、痛みを感じる心配はありませんが、その後は痛みが発生することもあります。さらに、施術部位から出血があることもありますので、対処方法も知っておきたいところです。

アフターケアの良いクリニックを選ぶと安心

包茎手術後に出血があると心配になりますが、まずは落ち着いて行動することが大切です。治療後のケアについての説明もありますが、出血があっても軽微なものであれば特に心配はないといえます。出血の量が多いという場合は、我慢せずに早めに担当の医師に相談することがおすすめです。

包茎手術を成功させるためには、治療後のケアが大切になりますが、アフターケアの良いクリニックを選んでおくと治療後も安心です。出血などのトラブルがあった場合も、24時間対応のクリニックを選んでおけば、不具合があってもすぐに相談することができます。

出血や痛みなどがある場合は、まずは電話で連絡をし、どのような状態であるかを伝えましょう。診察の必要がある場合は、クリニックに向かうことになります。出血がほんの少しで、特に心配するものではないとう場合は、引き続き自宅で安静に過ごし回復を待つことになります。飲酒や運動、長時間の入浴などは血行を良くすることになりますので、しばらくは控えておく必要があります。

まとめ

包茎手術をすると悩みを解消することができますが、やはり手術後は安静に過ごしておくことが大切です。治療後に出血が見られることもありますが、軽度なものであれば特に心配いらないことが多くなっています。出血が多い場合は、早めにクリニックに連絡するようにしましょう。アフターケアの良いクリニックや病院を選んでおけば、もしもの治療後の不具合にも安心です。医療機関を選ぶときも、アフターケアが24時間対応であるかどうかも確認しておきましょう。